あなたの情報は簡単に収集されるかもしれない

Webで情報を探している画像

SNSへの不適切な投稿により炎上騒ぎを起こし、あげく身元を特定されてしまったというお話を見聞きなさった人もいると思います。特定されるに至った情報はどこからか盗み出されたわけではなく、ネット上から収集された情報を元に身元が特定される場合があります。

生活の多くに情報システムが用いられ個人情報保護の重要性が取り立たされる世の中になっても、自らが情報をうっかりばら撒いていることに気づかない人は意外と多いのです。

炎上騒ぎを起こして身元を特定されるだけはなく、合コンや婚活パーティ、オフ会などで偶然知り合い、LINEなどの連絡先を交換しただけのよく知らない相手に、あなたのプライベートな情報を探り出されてしまうことも現実には起こり得ます。世の中の全ての人に自分のプライベートな情報が知られてもかまわないという人はいないはずです。

あなたの情報を探り出すための方法とは

なぜ身元を特定されたり、必要以上にプライベートな情報を探り出されたりするのでしょうか。

ネットで氏名を検索してFacebookを見つける

初めて出会った人とでも氏名を教えあう機会は少なくありません。あなたの氏名を知った相手はネットで検索します。相手があなたの氏名を分かっていれば、あなたのFacebookは簡単に見つかります。あなたのFacebookの情報が全て非公開なら問題ありませんが、住んでいる場所や卒業した学校などは誰でも見ることが出来るままにしている人は多いです。

そしてFacebookでタイムラインまで公開している人は本当に注意してください。世の中の人全てが見ることの出来るページに、あまり深く考えずに載せている情報は、たとえどんな人に見られても問題ないですか?あなたの誕生日にお祝いコメントを書いて送ってきた友達はいませんか?「○○才おめでとう!」なんて書き込まれると、あなたの生年月日という重大な個人情報は垂れ流されているのと同じです。

あなたのFacebookには、いつの間にか、あなたが他人に知られたくない情報が公開されている。そうならないように十分気をつけて、今一度全ての投稿を見直し、身元を特定される恐れがあるものは確実に削除しておきましょう。

生年月日が漏洩していると、生年月日から暗証番号やログインパスワードが推測されて、予期せぬ被害を受ける恐れも十分にあります。

氏名や趣味、団体、職場の名称等でツイッターを検索する

あなたの氏名や、何気なく話してしまった趣味、所属団体、会社名などをツイッターで検索すると、たとえあなたが本名でツイッターを使っていなくても、あなたと交友関係や仕事で関係のある周囲の人のツイートが見つかる時があります。そこからリプライなどを辿っていき、あなたのアカウントを見つけ出すことが出来てしまう可能性があります。

ツイッターもFacebookと同じように、自分では書いたことも忘れているような情報が放置されたままになっていることがあるので、本名じゃないからと安心せず、過去のツイートを見直すことをおすすめします。

あなたが何気なく相手に話した中に出てきたイベントやお気に入りの場所などもツイッターで検索すると、あなたにつながる可能性もあります。

LINEのIDをgoogle検索

何かのきっかけで知り合った人とは、LINEを交換することもよくあると思います。その時にあなたがIDを教えていたら要注意です。実はLINEのIDは他のSNSのIDと同じにしている人が少なくありません。SNSだけなく自身が書いているブログのユーザー名にしていることもあります。

自分では同じIDにしているつもりはなく、LINEのIDは自分でも覚えていなかったり、LINE上に友達のIDが表示されたりしないので、同じIDを他のサービスと使い回している認識すらないままで、意図せずとも同じIDにしてしまっていることがあるのです。

お恥ずかしい話ですが、実は私はLINEのIDとアメブロのユーザー名を同じにしていました。同じだと認識すらしていませんでしたが、試しにgoogle検索で自分のLINEのIDを検索したところ、まんまと自分のブログが出てきた時には冷や汗が出て慌ててIDを変更しました。

本名や住んでいる場所、勤務先等、個人的な事を今は知られたくないけど、LINEなら教えても大丈夫だろう、面倒な人だったらブロックすればいい、そんな安易な考えでつながるにしても、あなたのIDを相手に教えて友達追加させる行為は絶対にしてはいけません。LINEはブロック出来ても、IDを元にして探り出されたあなたの情報が、相手から消えることはないのですから。

どんなに気を付けても情報を守れる保障はない

あなたがSNSを一切利用せず、ブログも書いていなくても、あなたの周囲の人が無防備に情報を垂れ流し、あなたが巻き添えになっているかもしれません。SNSの発展とともに、意図せず個人情報がネットに溢れかえるようになったのは事実です。

SNSであなたが承認されたいという欲求は、あなたの個人情報を世の中の人に晒すことのトレードオフでしか満たすことは出来ません。どんなに気を付けてSNSを利用していても、SNSの利用が日常的になればなるほど、気づかないうちに身元が特定されてしまう痕跡が残ってしまいます。

自分自身のどんな情報でも隠す必要ないと考えるのは自由ですが、あなたへの誕生日お祝いメッセージから生年月日がバレて、生年月日から暗証番号やパスワードがバレてしまう、そんな恐ろしい事があることを忘れないで下さい。