最新版 LINEトーク履歴を別アプリで保存する方法

LINEのトーク内容盗み見対策の中で、盗み見られて困るトーク内容はLINEから削除するのが一番だと書きました。もちろんそれは正論であり、情報セキュリティ対策の定番なのです。LINEのやりとりはLINEを開いて見れば分かると誰もが考えますから、たとえLINEのパスコードロックを解除されたとしても、LINEにトーク履歴が残っていなければ、あなたの大事なプライバシーを他人や家族に侵害されることはありません。

しかし、大切な人との気持ちがこもったLINEのトーク内容は、その全てをいつまでも残しておきたいと思う人もいると思います。LINEでつながって初めて交わした言葉、あるいは初めてLINEをした記念日は何月何日だったのか、後から見返したいから残しておきたいと思う人もいるでしょう。文字も大切な思い出ですよね。

トーク履歴を別のアプリにバックアップしよう

私は、「情報セキュリティレベルを維持し、あなたの大事な情報を盗み見られて窮地に陥らないためには、そんな生ぬるい考えは捨てるべき」とは言いません。大切な思い出を無防備に無頓着にLINEアプリの中に放置することは絶対にやめるべきですが、LINEにはトーク履歴をバックアップする機能が搭載されていますので、そのバックアップ機能を利用して、大切な思い出や情報が詰まったLINEのトークルームのトーク履歴を、LINE以外のアプリに保存する方法をご説明します。

引継ぎ時のバックアップは引継ぎ時しか復元出来ない

LINEのトーク履歴をバックアップする方法、と検索すると、機種変更などによる端末引継ぎ時のデータバックアップ方法をよく目にすると思います。しかしこの引継ぎ時のバックアップは、あくまでもLINEアカウント引継ぎ時、つまり、新しいスマホに、今までのLINEのトーク履歴を引き継ぐための方法であり、私がいう、他人に見られて困る大事なトーク履歴をLINEには残さず、別のアプリに保存することとは全く異なります。

たとえば、ある程度トーク履歴がたまってきたので、危機感を覚えて引き継ぎ用のバックアップを行い、その時点までのトーク履歴を削除したとします。そして、また新たにしばらくトークを続けた後、以前のトーク内容を見たくなっても、引き継ぎ用のバックアップをLINE上に復元(インポート)しなければ、バックアップしたトーク内容は見ることが出来ません。

特にiphoneの場合は、新しいiphoneで引継ぎ作業をすることは出来ても、これまで使っていたiphoneでは復元作業が出来ないので、簡単にはバックアップしたトーク履歴を確認することは出来ないのです。(一定の条件をクリアすればバックアップされたトーク履歴を確認することは可能ですが、ここでは割愛します)

大切なトーク履歴はテキスト形式で保存する

LINEには引継ぎ時のバックアップだけでなく、トークルーム単位でトーク履歴全てをテキスト形式でバックアップする機能が用意されています。バックアップされたトーク履歴は、LINEから読むことは出来ませんが、別アプリから簡単に読むことが出来るので、これまでのやりとりを思い出したり、あの話をしたのはいつだったかを確認したりするのに重宝します。

もちろん別アプリのセキュリティ対策がおろそかになっていると、そのアプリを他人に開かれて保存してあるデータ全てが盗み見られてしまいますが、そもそもLINE以外のアプリにLINEのトーク履歴が保存されているとは簡単に想像出来ないため、トーク履歴を保存したアプリにパスコードロックをかけておけば、あなたが他人に見られて困るLINEのトーク履歴は、第三者の目に触れることなく、安全に保存することが可能です。

iOS版LINEトーク履歴テキスト形式保存方法

  1. 保存したいトークルームを開く
  2. 右上の[∨]をタップして[設定]をタップ
  3. [トーク履歴を送信]をタップ
  4. トーク履歴を保存するアプリを選択して保存

android版LINEトーク履歴テキスト形式保存方法

  1. 保存したいトークルームを開く
  2. 右上の[∨]をタップしてトーク[設定]をタップ
  3. [トーク履歴をバックアップ]をタップ
  4. [テキストでバックアップ]をタップ
  5. トーク履歴を保存するアプリを選択して保存

※iOS版、android版共通の注意点※

*googleドライブやDropboxなど無料で使えるオンラインストレージアプリをスマホにあらかじめインストールしておく必要があります。

保存したトーク履歴ファイルはgoogleドライブやDropboxのアプリ内に表示され、ファイルをタップして開くと、トーク履歴を読むことが出来ます。トーク履歴をテキスト形式で保存後は、保存したLINEのトークルームのトーク履歴を削除します。以降の新たなトーク履歴は上記の方法で再度テキスト形式で保存し、トークルームから削除する作業を定期的に行い、LINEのトーク履歴を他人に盗み見られることを防ぎましょう。

その他の注意点は以下の通りです。

  • スタンプや画像、動画、音声メッセージ保存出来ません。
  • 保存したテキスト形式のトーク履歴はLINE上で復元させることは出来ません。
  • テキスト形式で保存するたびに新たなファイルが別アプリに追加されていきます。

テキスト形式でも不便は感じない

テキスト形式で保存されたトーク内容は文字通りテキストしか保存されませんが、後から確認したいと思う内容は、どんな言葉だったか、何月何日だったか、というテキスト形式で十分に確認できる内容がほとんどですから、テキスト形式でトーク履歴を保存することに不便を感じることは少ないはずですし、LINEで何ヶ月にも及ぶトーク履歴を読み返すよりも、別アプリでテキスト形式で読むほうが、動作も軽く快適なことが多いです。

なによりも、予期せず他人にLINEを開かれて、大切なトーク履歴を見られてしまうことがないよう、LINEにはトーク履歴を残さないという対策を徹底し、しかし大切な文字の思い出や情報は、LINEアプリ以外で安全に保存することを強くおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする