最新版 LINEトーク内容盗み見対策

今や個人の連絡ツールとしてだけでなく、企業の顧客囲い込みの一環としても有効な手段となっているLINEですが、セキュリティ対策については、ちゃんと理解されているとは言い難く、なかでも現在のLINEにおいて、トーク内容が他人に盗み見られてバレないようにする対策をまとめてみました。

LINEトーク内容の盗み見対策

スマートフォンで利用するLINEは、パスワードが管理され、正しく設定されていれば、他人からトーク内容をこっそりと盗み見られることはありません。

パスワードはLINEのトーク内容だけでなく、あなたの様々な個人情報を守るための最後の砦ですから、面倒臭がらずにしっかりと管理する必要があります。昨今のプライベートでセンシティブな情報漏洩のほとんどが、パスワードが簡単に他人に推測されるものだったり、複数のサービスで同じパスワードを使いまわしていたことに起因しています。

スマートフォン自体にパスワードをかける

現在市販されている全てのスマホなどのモバイル端末はロック画面の解除のためにパスワードをかけることが出来ます。ロック画面の解除にパスワードを設定すると、インストールされているアプリを開くことも、連絡帳の中身など重要な情報を見ることも出来ません。

スマートフォンが他人の手に渡ったり、紛失したりしても、スマートフォン自体にパスワードがかかっていれば、LINEのトーク内容はもちろん、スマホに保存された写真や連絡先などを見られることを防止出来ます。

LINEアプリにパスワードをかける

個人情報を扱うアプリの多くには、アプリ自体を開くためにパスワード入力を要求する機能があります。LINEも個人情報を扱う可能性があるアプリですから、パスコードロックという機能が用意されており、あらかじめ設定したパスワードを入力しないとLINEを開くことができないよう設定出来るので、他人に盗み見られたくないトーク内容や他人に知られたくないLINE友達がいるなら、必ずパスコードロック機能を利用して、あなたの大事な個人情報を守りましょう。

LINEのパスコード設定方法

  1. LINEの「その他(・・・)」→「設定(歯車)」→「プライバシー管理」を開く
  2. 「パスコードロック」をオンにして、自分で決めた数字4桁を入力
LINEパスコードロック解除の数字は、スマートフォンのロック画面解除パスワードと必ず違うものにすることで、万が一スマホのロック画面を解除されても、LINEの情報だけは守れる可能性が高まります。

PCやタブレットなどの他端末ログインを許可しない

いつも使っているスマホ以外でもLINEのやり取りができると便利だと考え、PCやタブレットでもいつものLINEが使えるようにしてしまうと、他人がそのPCやタブレットから、あなたのLINEのトーク内容を盗み見る可能性が高くなります。

どの端末でもしっかりとパスコードロック機能を設定して、パスコードを他人に知られないように管理されていれば問題はありませんが、日ごろは使わない端末だと、LINEが同じように出来ることだけを確認して、セキュリティ対策が疎かになったまま放置されている事が多々あり、スマホは誰の手にも渡っていなのに、トーク内容をこっそりと見られ続けていたという、ぞっとするような事が起きる危険は十分にありますから、LINEを使うのは、いつも手元にあり、しっかりとセキュリティ対策がされたスマホなどの端末一つだけにするべきです。

いろんな端末でLINEをやってみたいという興味本位で、情報漏えいのリスクを高める必要はありません。絶対にやめましょう。

他端末ログインを許可しない設定

  1. LINEの「その他(・・・)」→「設定(歯車)」→「アカウント」を開く
  2. 「ログイン許可」をオフにする

不要な情報(トーク内容)は持たない

これは組織の情報セキュリティ対策にも通じることですが、他人に見られて困る情報(トーク内容)は、保存しておく必要があるのかをよく考え、不要なら削除することが一番の根本的な対策です。組織でも、使うことがない情報なのに、なんとなく保存しておけば良いだろうと、適正な管理を怠っていた結果、情報漏洩につながるということが起こります。

LINEのトーク内容も今後必要になる内容ならともかく、保存しておく必要がないのに、他人に盗み見られては困る内容なら、さっさと削除して持たないことを心がけましょう。最近のやり取りだけなら他人にバレても被害は少ないが、自分でも内容を覚えていない過去のやり取り全てを盗み見られると取り返しのつかないことになるのは、組織でも個人でも同じです。

指紋認証機能はよく考えて使いましょう

スマホやスマホにインストールされているアプリの中には、指紋認証によりロック画面を解除したりアプリを開いたりすることが出来る便利な機能を持つものがあります。LINEアプリもパスコードロックだけでなく指紋認証機能を持っています。

面倒なパスワード入力が不要で指紋センサーに触れるだけでロック画面が解除できるのは大変便利ですし、この指紋認証機能は、あなたがスマホを紛失した場合などは、パスワードによる保護よりも強固なセキュリティレベルを提供してくれます。

しかし、あなたの指が指紋センサーに触れることが出来る状況では、あなたが望まなくてもロック画面が解除され、アプリが開いてしまう可能性があることを理解しておきましょう。たとえば、あなたが寝ている時に、他人がそっとあなたのスマホをあなたの指に触れさせることが出来れば、スマホの中身もLINEのトーク内容も全て盗み見られることになります。

そんなことまで誰もしないと思うかもしれませんが、あなたの情報を必死で探ろうとしている者なら、出来ることは何でもやりますから、誰もそんな事まではしないだろうという甘い考えは通用しないことを知っておくべきで、指紋認証は状況によってはパスワードよりも危険なのです。

顔認証でロック解除できる機能も危険です

指紋認証と同じく、最新の顔認証でロックが解除される機能も大変危険ですから使わないようにしましょう。

私が最新のiphoneで顔認証を試したところ、寝ている顔でもロック解除できました。あなたが寝ている時にあなたのスマホは、あなたの寝顔でロック解除されてしまいます。こんな恐ろしい機能は、指紋認証同様に絶対に使ってはいけません。

他人に見られて困るトーク内容は残さないこと

そもそも盗み見られると困るトーク内容(情報)を残しておくこと自体がリスクの高い状況です。使わない情報は持たないことが情報セキュリティ対策の基本中の基本です。たとえLINEのパスコードロック解除を誰かに強要されたとしても、情報がなければ困ることはありません。LINEのトーク内容を常に削除する習慣を身につけることも、トーク内容の盗み見対策には大変効果的です。とにかくプライベートでセンシティブな情報は持たないことが情報セキュリティの王道なのです。

無暗に不安がる必要はありません

以前に芸能人の不倫がLINEのトーク内容とともに暴露されたことがあり、それ以来、LINEのIDを知られるだけもトーク内容が盗み見られるのではないかと不安になったり、どうにかすれば遠隔操作でトーク内容がバレるのではないかと疑心暗鬼になっている人も少なくないでしょう。

しかし、ここで書いたことを理解して実践してもらえば、見られては困る人にLINEのトーク内容がバレることはありません。大事な個人情報を盗み見られないよう、ちゃんと対策をして、安心してこれからもLINEをご利用ください。

LINEの設定によっては、突然あなたのLINEに見も知らない他人が現れて、あなたを騙すためのメッセージや迷惑メッセージを送ってくることがあります。そのようなリスクを避けるために必要なLINEの設定を3か所確認しておきましょう。
最新のLINE乗っ取り対策はたった二つ。適切なパスワードを設定して他のサービスで使い回さないことと、認証コードを絶対誰にも教えないことだけです。この二つの対策であなたのLINEアカウントは乗っ取り被害から守られます。