Webサイトセキュリティ

運営しているWebサイトではアクセス数の向上やキャンペーン効果測定、成約率アップなどに目が向かいがちですが、一番重要なのはセキュリティ対策です。たった1度のサイバー攻撃を受けた為にサイト閉鎖、イメージ悪化による業績低迷、個人情報漏えいなど、致命的な被害を未然に防ぐ方法を解説するコーナーです。
Webサイトセキュリティ

常時SSL化を目指す情報セキュリティ担当者を嫌う広報部門

情報セキュリティ担当者は、自社、自組織のWebサイト常時SSL化は待ったなし、今すぐ取り組んでもすでに遅いという状況を理解していると思いますが、広報部門は「ガイドラインもなく国のHPもSSL化されていないのに、何故やる必要があるのか」と簡単には納得しません。
2018.10.16
Webサイトセキュリティ

常時SSL化で失敗しないために知っておくこと

Webサイトを常時SSL化するには、相当の困難が待ち受けています。しっかりと作業工程を理解し、関係部署、関係先と調整出来なければ、不完全な常時SSL化を行ったために警告メッセージ表示が頻発する、という悲劇を生むことになります。
2018.10.16
Webサイトセキュリティ

地方公共団体はLG.JPか地方公共団体ドメイン名を使うべき

誰でも簡単に取得出来るドメイン名を使い、常時SSL化も行われず実在証明もなく公衆WiFi利用者の安全性も担保されていない地方公共団体のWebサイトが多数あることをご存じですか。地方公共団体こそ率先してWebサイトセキュリティ対策を実施する必要があるはずです。
2017.12.14
Webサイトセキュリティ

LTEは機密性が高くWi-Fiは機密性が低いというのは間違い

LTE回線は十分なセキュリティ対策が実施された回線ではあるが、LTE基地局より上流のネットワーク部分でLTEは関係なく、LTEでも公衆Wi-Fiでも、基地局以降のネットワークは機密性の低い一般回線であることに変わりがありません。
2018.10.16
Webサイトセキュリティ

米国で1億4300万人の個人情報が流出した事件に学ぶこと

個人情報を収集し管理するWebサイトの運営者は、今回のEquifaxの事故を教訓に、今一度Webサイトのセキュリティ対策を見直して、本当に自社は考えうる対策を全て講じているのか、それでも起こりえる不正アクセスをすぐに覚知する体勢と仕組みが整っているのかを確認しておきましょう。
2018.02.22
Webサイトセキュリティ

情報セキュリティ担当者が考えるWebサイト常時SSL化の必要性

常時SSLをWebサイトに導入すると、Webサイトの信頼性向上やgoogle検索順位の優遇、来訪者の流入元が分かるリファラーを得やすい、公衆無料WiFi利用時の盗聴、第三者があなたに成りすますことを防ぐ、など多くのメリットがあります。
2018.10.16